後悔のない転職をするためのコツ

看護師が転職を成功させるためには、いくつかのコツがある。そのコツを掴まなければ、看護師特有の職場の問題に突き当たる可能性が高くなるかもしれない。看護師の職場というものは、多くの場合、職務内容が精神的にも肉体的にもハードな上に、夜勤や早番などといったシフトにより、生活が不規則になるという問題がある。また、辛い仕事にも関わらず、給与が低いと感じることも問題だと言われている。そのため、転職の際には、給与や福利厚生などの他に、休日の取得の仕方がどのようになっているかを確かめる必要がある。また、職場の離職率や研修制度を確かめることも重要だ。給与が高いと一見良い職場に感じられるが、劣悪な職場環境の可能性もあるので注意しよう。

転職のリスクを減らすためには、離職率や職場の様子を実際に見学したり、研修制度が充実しているのかについても調べたほうが良いかもしれない。さらに、看護師といってもどの職場でも業務内容が同じとは限らないので、緊急性の高い仕事が多いのかや慢性期のゆったりとした環境なのかも把握して、求人には応募するべきだ。

自身がどのような看護をしたいと思っていて、どのような医療を提供する施設ならそれが可能になるのかを明確にしておけば、転職でミスマッチを防げるだろう。これらのことを確認せずに転職してしまうと、短い期間で転職を繰り返すことになりかねない。どのような仕事が自分に向いているかわからない場合は、正社員という立場にこだわらずに、派遣やパートなどといった働き方を選び、様々な職場を経験してから決めることも一つの方法だ。